千葉県船橋市にある坪井どうぶつ病院は、ペットの腰痛や椎間板ヘルニアによる麻痺等を鍼灸で治します

 ☆ ネコちゃん

 猫ウイルス性鼻気管炎  

 いわゆる『猫の鼻カゼ』です。
 ひどいくしゃみ、発熱、食欲不振などに始まり、鼻水・咳・鼻炎・呼吸困難などの典型的な
 風邪の症状を表します。
 また結膜炎も起こします。

 猫の鼻風邪の40〜50%はこのウイルスによるものであると言われており、直接的な猫同士の接触やくしゃみによっても媒介されます。 
 ヘルペスウイルスの感染でずっとそのウイルスを保持し、ストレスを受けると発症しウイルスを排泄して他の猫への感染源となります。

 猫カリシウイルス感染症  

 発熱、くしゃみ、鼻水などを起こす猫の風邪です。
 症状が進むと舌や口の周りに潰瘍ができます。
 時には肺炎で死亡することもあります。
 
 主に飛沫により感染します。

 猫汎白血球減少症  

 白血球が極端に少なくなる病気で、食欲や元気がなくなり、発熱・嘔吐・下痢を起こします。
 
 体力のない子猫が感染すると致死率が90%にものぼる怖い病気です。
 パルボウイルスの感染で、下痢による脱水症状が著しい。

 猫白血病ウイルス感染症  

 白血病やリンパ種、貧血、流産などを起こします。
 一般的には食欲不振、元気がなくなり、嘔吐、下痢、鼻水、体重減少などの症状を示します。
 感染している猫も発病するまでは健康に見えますが、ウイルスを排泄し続けており、その80%が3年以内に死亡するといわれています。
 また病気に対する抵抗力が弱くなって病気に罹りやすくなります。

 病気の猫の唾液から感染します。

 猫のクラミジア症  

 クラミジアシッタシーによる感染症。

 菌は目や鼻から侵入するため、結膜炎・鼻水・くしゃみ・咳・肺炎を起こします。

 ヒトにも感染して結膜炎を起こすこともあります。

 猫の免疫不全症  

 いまのところ、日本には有効なワクチンがありません。
 『猫エイズ』と呼ばれ、猫同士のけんかの際の咬み傷から感染します。

 予防としては、すでに感染している猫との接触を避けるしかありません。
 一度感染すると、このウイルスを体から排除する治療法はありません。
 
 唾液にウイルスは排泄されるので、食器は別のものにし、清潔でいつも新鮮な物を口にするようにして、猫にとって安心する暖かい静かな環境を整え、ストレスをかけない平穏な生活を心掛けると長生きすることは可能です。

powered by Quick Homepage Maker 3.56
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional