千葉県船橋市にある坪井どうぶつ病院は、ペットの腰痛や椎間板ヘルニアによる麻痺等を鍼灸で治します

 ☆ ワンちゃん

 ジステンバー  

 感染力・死亡率ともに高く、ケイレン・神経症状を起こして死亡する怖い病気。
 空気感染とジステンパーウイルスに感染した病犬から直接うつる場合があります。
 
 感染すると、高熱・目やに・鼻水が出て、元気・食欲がなくなり、激しい咳・嘔吐や下痢もします。
 抵抗力の下がった高齢犬にもワクチンは必要です。

 パルボウイルス感染症  

 感染力・死亡率ともに高い病気。
 犬パルボウイルスが経口感染することにより発病します。
 
 激しい嘔吐、下痢を起こし食欲がなくなり、急激に衰弱します。

 【消化器症状】
  感染犬の便中には大量のウイルスが排泄され、感染源となります。
  伝染力が非常に強く、犬ジステンパーと共に死亡率の高い恐ろしい伝染病です。

 アデノウイルス1型  

 アデノウイルスによるもので肝炎を起こして死亡する怖い病気。
 特に幼齢期に発症し、突然死の原因となる恐ろしい病気です。
 
 症状としては、発熱・腹痛・下痢・嘔吐・扁桃腺の腫れ・眼球の白濁などが起こります。

 アデノウイルス2型  

 なかなか治らない風邪のような症状が続きます。

 【呼吸器症状】
  感染すると咳・くしゃみ・鼻水・気管支炎症などが見られ、最終的には肺炎になります。

 パラインフルエンザ  

 単独ではあまり死亡することはありません。
 他の病原体との混合感染により重篤になります。
 『ケンネルコフ』とも呼ばれます。 
 特に仔犬に起こる代表的な呼吸器の病気で、子犬が集団で飼われている場合、他の色々な病原体と混合して起こることが多く、非常に強い感染力を示します。

 咳や鼻水などの風邪症状が現れ、運動後によく起こります。慢性の経過をたどることが多く、症状が治まったように見えても再発するのが特徴です。 
 寒い時期に多いので注意しましょう。

 コロナウイルス感染症  

 血液の混じった悪臭を放つ下痢便(ケチャップ様便)嘔吐を繰り返す腸炎型と仔犬に突然死を起こす心臓型があります。 
 ウイルスの抵抗力が非常に強いので通常の消毒液では効果があまり現れません。

 レプトスピラ1型・2型  

 感染力は弱いが、一度病気にかかるとなかなか治らない死亡率の高い病気。
 ねずみのオシッコに含まれる病原菌で腎臓・肝臓に炎症が起る。 (ねずみが媒介します)

 ―亰豌疸型 ・・・・・黄疸・嘔吐・発熱・歯茎からの出血
 ▲ニコーラ型・・・・・下痢・嘔吐・発熱・脱水症状

 症状が進むと尿毒症になり、数日で死亡する事もあります。
 また、この病気は人畜共通伝染病で、動物から人間に移る病気なので、もしも愛犬がレプトスピラ症と診断された場合、愛犬が使っていた食器等は消毒し、排泄物には直接触れないようにしましょう。

 狂犬病ワクチン  

 『狂犬病予防法』という法律で必ず接種する事が義務付けられているワクチンです。
 毎年1回の接種を行って下さい。
 
 生後91日(3か月)以上の飼い犬は、飼い始めてから30日以内に接種しなければなりません。
 これは混合ワクチンには含まれていないので注意しましょう。

 犬のフィラリア予防  

 フィラリア(犬糸状虫)はフィラリアに感染した犬の血液を吸った蚊から他の犬へと感染が広がっていきます。 
 血液中で成長し、心臓や肺の動脈内に寄生する長さ17〜30センチほどの『そうめん状の寄生虫』です。

 感染すると肝臓や腎臓の機能も異常になる怖い病気です。 
 ゼイゼイと苦しそうな呼吸をしたり痩せる・腹水がたまる・貧血気味・散歩を嫌がるなどの症状が出てきます。

 感染経路とサイクル   

  フィラリアに感染した犬の体内には『フィラリア成虫』と、成虫が生んで、血液中に居る『子虫』(ミクロフィラリア)が存在します。 
  蚊が犬の血を吸うのと同時に『ミクロフィラリア』も吸血し、蚊の体内にはいります。 
  蚊の体内にいる2週間のあいだに感染幼虫に成長します。 
  感染幼虫をもっている蚊が、正常な犬の血液を吸います。
  そのときに、幼虫が犬の体内に侵入し、感染することになります。
  幼虫は犬の体内で2〜3ヶ月後に2センチほどの成虫になり、どんどん血管に進入していって最終的には心臓や肺動脈に寄生し、3〜4ヶ月後になれば成虫になって子虫を産み続けてしまいます。
  最終的に、犬は重篤になり死に至ります。

 予防  

1ヶ月に1度、定期的に薬を服用します。 
5月〜12月まで服用してください。
   
毎年行って下さい。
  お薬は

   ・ 錠剤
   ・ おやつタイプ
   ・ 首に垂らすタイプ
   ・ 注射  

  の選択肢があります。
  動物病院で相談し、その子に合った予防を行って下さい。

 犬の検便  

 子犬や子猫は、お腹の中に寄生虫を持っていることがあります。
 それは、お母さんのお腹の中で感染していたり、母乳(ミルク)から伝染したり、子犬・子猫が色んな所を舐めまわすことも原因になります。

 お腹の中に寄生虫が居ると、うまく成長ができなかったり、栄養失調になったり、下痢が続いたり、血便をしたりします
 検査をすることで、虫の卵や虫体を検出します。
 もし虫が居たなら、駆虫薬を飲ませます。

 大人の動物でも、お腹に寄生虫がいることがありますので、時々検便することをお勧めします。
 大人の動物は、ほとんど症状を示さないこともあります。
 
 また、この寄生虫は、人間にもうつることがあります
 症状は、激しくないことが多いですが、子供や老人では激しい下痢などの症状が表れます。

 ノミ・マダニ  

 
 お外を散歩すると、ノミやダニが付くことがあります。
 ペットの身体に付いたノミやマダニは、ペットの血を吸うことで栄養を得て生存し、卵を産みます。
 歩き回るノミを嫌がり、ペットは気にして神経質になります。
 
 マダニは1箇所に留まり、ずっと血液を吸い続けます。
 付いた時には2mmほどのマダニが、血を吸い1cm以上になります。
 皮膚病の原因となります。
 予防としては、今は首に垂らす液剤が有効です。
 他には首輪や粉剤があります。

 部屋の掃除も必ず行い、ノミの糞・死骸・サナギなどを取り除きます。

 犬の健康診断  

 6才を超えると、そろそろ老齢に近づいています。
 年に1回は聴診・触診・糞便検査・尿検査・血液検査をお勧めいたします。
 必要ならばレントゲンの検査も行います。
 その前に、若い時期から聴診・触診・爪きり・肛門腺の処置・耳掃除・歯磨き相談などを行い検診に慣れておく事をお勧めします。

 肛門腺  

 肛門の左右下部には「肛門嚢」と呼ばれる2つの小さな袋があり、出口が肛門のすぐ脇にあります。
 この袋には、独特のにおいのある分泌液が貯まるようになっていて、便をする時に一緒に排出されます。
 また、犬が驚いたり、恐怖を感じた時には一気に排出されることがあります。

 この肛門腺が、なんらかの原因で炎症を起こすと、肛門の出口が詰まり、排泄されなくなり、動物は、非常に肛門周囲を気にして、クルクル回ったり、お尻を舐めたり、犬座姿勢でお尻を擦り付けながら移動することがあります。
 
 ネコちゃんでは、ザラザラした舌で舐めることで皮膚が擦り切れてしまうことも少なくありません。
 もしずっと排出されずに放っておくと、貯まり過ぎた袋は皮膚を突き破って破裂し、綺麗に消毒した後に手術で綺麗に縫合する必要も出てきます。
 
 予防としては定期的に(月に1度など)人間が絞ってあげることが重要になります。
 コツがありますので慣れないうちは動物病院などで行ってください。
 トリミングや身体を洗う時に一緒に行うほうが良いです。

powered by Quick Homepage Maker 3.56
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional